会社案内

社長ご挨拶

社長ご挨拶

マキチエ株式会社は2020年に設立43周年、創業にいたしますと75周年を迎えました。スタートは、先代朝山社長が「補聴器が耳鼻咽喉科の先生を介さないで販売されることはおかしい。誰が何と言おうと病院の中で販売すべきだ、そんな会社をつくる」との志ではじめた会社です。

創業100年に向け、そして次の100年に向けて、私をはじめ社員の一人ひとりが弊社を支えてくださる全ての方に感謝しながら、これまで以上に日々挑戦と勉強をして研鑽を図って参る所存です。私たちはまだまだ未熟な組織です。皆様のご意見やご要望、お叱りを受けながら成長する必要があると思っております。今後ともご指導ご鞭撻の程を何卒よろしくお願い申し上げます。

平松 知義

会社概要

会社概要

会社名 マキチエ株式会社
設立 1977年9月
資本金 1,700万円
代表者 代表取締役社長 平松 知義
従業員 289名(2020年4月23日現在)
本社 東京都中央区日本橋3-2-3
Google mapで見る
開発製造 東京都中央区日本橋茅場町1-2-4
事業内容 補聴器の設計、製造、卸販売及び小売販売
主な営業品目 補聴器、聴力検査機器、職能訓練器
売上高 30億8,000万円(2019年実績)
主な取引先 病院・医院 約1200院、福祉事務所、聾学校
取引先銀行 みずほ銀行、三井住友銀行、第四銀行、他
会社沿革

会社沿革

1945年 新潟県新潟市にて朝山兵弥により「朝山電気商会」 を創業 電気音響機械等の販売を始める 補聴器部門を立ち上げ聾学校にて補聴器の修理を手掛ける
1950年 「朝山電気商会」を朝山初雄が承継
1951年 補聴器の販売を開始
1975年 新潟大学医学部附属病院(現:新潟大学医歯学総合病院)の補聴器外来の立ち上げに民間企業として初めて参画
以後、医療機関と連携した販売網の拡大に力を入れていく
1977年 9月 朝山栄一が補聴器部門を独立させ「補聴器センター アサヤマ株式会社」を設立
1982年 9月 社名を「キコエ補聴器株式会社」に変更
1989年 5月 新宿製作室を開設し薬事法の医療用具製造許可を取得
自社による初めてのオーダーメイド補聴器の製造を開始
1995年 12月 初めての自社開発補聴器発売
1998年 1月 本社を東京・日本橋に移転
2005年 8月 日本橋工場がISO13485を取得
2009年 5月 耳鳴り治療器を開発・発売
2011年 5月 社名を「マキチエ株式会社」に変更
2015年 7月 リチウムイオン充電式補聴器を開発・発売
2018年2月 平松知義が代表取締役社長に就任
2019年 4月 一般社団法人日本補聴器工業会の正会員となる
2020年 4月 全店舗が認定補聴器専門店として公益財団法人テクノエイド協会に認定される